PSO2が「想定外のエラーが発生しました。 [ NP1002 ]」と表示されて強制終了する時の対応方法 (クライアントソフトアップデート編)

シェアする

2017/02/13 頃に nProtect GameGuard が更新されてから、
PSO2 がエラーで強制終了するようになってしまった場合の復旧方法です。

環境によっては効果がない場合があります

エラーが再発する場合は、グラフィックスドライバの再インストールや、
セキュリティソフトの設定変更もお試しください。

前回の投稿で解説した手順を実施後に、エラーが再発する場合があります。 今回は、グラフィックスドライバの再インストールで解消する方法です。
前2回の投稿で解説した手順を実施後に、エラーが再発する場合があります。 今回は、セキュリティソフトの設定を変更することで解消する方法です。

はじめに

nProtect GameGuard が 02/13 に更新され新しいファイルがインストールされて以降、
PSO2 の起動後少し経つと、以下のようなエラーメッセージが表示され、
PSO2 クライアントソフトが強制終了するようになりました。
私の環境で色々と対応した結果、
今のところエラーが発生しなくなりましたので手順を解説していきます。

PSO2 クライアントの対応

ランチャーの「ファイルチェック」を選択します。

ファイルチェックの実施

メンテナンス時のアップデートの他、
クライアントソフトのファイルが不定期でアップデートされており、
ファイルチェックの実施で更新されたファイルが適用されます。

全てのファイルが最新で正常な場合

チェック結果が「お客様のデータは最新のものです」と表示されます。

ファイルが更新または破損していた場合

チェック結果が「ダウンロードが完了しました」と表示されます。
今回の対応では、こちらが表示される確率が高いと思います。

nProtect GameGuard の対応

続いて nProtect GameGuard の対応です。

nProtect GameGuard を削除する

PSO2 のインストールフォルダ配下にある「pso2_bin」フォルダを開き、
「GameGuard」フォルダを削除する(フォルダごと消します)。

PSO2 を起動する

ランチャーの「ゲームスタート」を選択すると、
nProtect GameGuard のダウンロードが開始され、
インストール後に PSO2 が起動します。

おわりに

私の環境では、対応後1時間以上プレイしましたがエラーは発生しませんでした。
nProtect GameGuard と PSO2 クライアントソフトの不整合が原因とみられます。
前々から怪しい挙動をするプロテクタですが、今回も色々とやってくれたようです。