PSO2が「想定外のエラーが発生しました。 [ NP1002 ]」と表示されて強制終了する時の対応方法 (セキュリティソフト設定変更編)

シェアする

前2回の投稿で解説した手順を実施後に、エラーが再発する場合があります。
今回は、セキュリティソフトの設定を変更することで解消する方法です。

環境によっては効果がない場合があります

はじめに

前2回の投稿はこちら。

2017/02/13 頃に nProtect GameGuard が更新されてから、 PSO2 がエラーで強制終了するようになってしまった場合の復旧方法です。
前回の投稿で解説した手順を実施後に、エラーが再発する場合があります。 今回は、グラフィックスドライバの再インストールで解消する方法です。
これらの対応でしばらくは安定していましたが、
再びエラーが発生するようになってしまいました。

ここで、もう一度今回のエラーについてのお知らせを確認します。

今回着目したのは、以下の記述です。

2月13日(月)に行われた nProtect GameGuardの更新以降、
一部のセキュリティソフトがインストールされている環境において、
ゲーム中に「想定外のエラーが発生しました。NP1002」とのエラーメッセージが
表示されるとのご報告をいただいており、現在調査を行っております。

今回はセキュリティソフトの設定を変更してエラーを解消しましたので、その解説です。

本手順は ESET Smart Security V9.0 向けですが、
他のセキュリティソフトでも似た設定があるかもしれません。

ソフトウェアの確認と設定の変更

検証に使用したセキュリティソフト

スロバキアのソフトウェア企業 ESET 社のセキュリティソフト
「ESET Smart Security V9.0」です。

バージョン情報

バージョンは、9.0.375.3 です。

設定画面の表示

ESET Smart Security を開き、F5 キーを押すと、詳細設定画面が開きますので、
「ウイルス対策」の「HIPS」を選択します。

設定画面の変更

「アドバンスドメモリスキャナーを有効にする」を無効にして、「OK」をクリックします。

設定の変更手順は以上です。

設定変更前後の動作検証

設定前と設定後で、実際に PSO2 を起動してエラーが発生するか検証します。

設定変更前(アドバンスドメモリスキャナー有効)

約5~6分程度でエラーが発生します。

設定変更後(アドバンスドメモリスキャナー無効)

1時間以上経ってもエラーは発生しませんでした。

おわりに

今回のエラー対策で色々試してみましたが、
nProtect GameGuard があらゆる方面にけんかを売っていくスタイルのため、
原因の究明には苦労します。
これで解決してくれれば良いのですが…。