NVIDIA Inspector で PSO2 のドライバ設定を変更する その2

PSO2
設定3 その1

Googleさんから「NVIDIA Inspector ネタを詳しく書くといい感じかも」と助言されたので、
前回より詳細に設定などを解説していきます。

2013/06/17
  チームルームならびにキャンプシップの画像を追加しました

2015/08/29
  ダウンロードファイルを 当ドメインファイルサーバ へ変更しました
  [ファイルの内容に変更はありません]

はじめに

参考までに、前回の投稿はこちらです。


今回は、3つの設定を比較していきます。
なお、アンビエントオクルージョンとアンチエイリアスは、
設定によっては影の付き方やぼかし方が異なるので、
色々試して好みの設定を探してみるのもアリです。

基準となる3つの設定

設定1「ドライバの設定で可能な最高画質+α」
Setting IDSetting Value
Compatibility
Ambient Occlusion compatibility0x00000000 (Dragon Age 2)
Antialiasing compatibility (DX1x)0x00000000
Antialiasing compatibility0x00000000
SLI compatibility bits (DX1x)0x00000000
SLI compatibility bits0x02400005 (FIFA 13…
Antialiasing
Antialiasing – Behavior FlagsNone
Antialiasing – Gamma correctionOn
Antialiasing – Line gammmaEnabled
Antialiasing – ModeOverride any application setting
Antialiasing – Setting32x [32x CSAA (8 color + 24 cv samples)]
Antialiasing – Transparency MultisamplingEnabled
Antialiasing – Supersampling8x Supersampling
NVIDIA Predefined FXAA UsageDisallowed
Toggle FXAA Indicator on or offOff
Toggle FXAA on or offOff
Texture Filtering
Anisotropic filtering modeUser-defined / Off
Anisotropic filtering setting16x
Texture filtering – Anisotropic filtering optimizationOn
Texture filtering – Anisotropic sample optimizationOn
Texture filtering – Driver Controlled LOD BiasOn
Texture filtering – LOD Bias0.000
Texture filtering – Negative LOD biasClamp
Texture filtering – QualityHigh quality
Texture filtering – Trilinear optimizationOff
Common
Ambient Occlusion settingHigh quality
Ambient Occlusion usageEnabled
Extension limitOff
Frame Rate LimiterOff
Maximum pre-rendered framesUse the 3D application setting
Multi-display/mixed-GPU accelerationSingle display performance mode
Power management modeAdaptive
Show PhysX Visual IndicatorOff
Threaded optimizationAuto
Triple bufferingOn
Vertical Sync Smooth AFR behaviorOff
Vertical Sync Tear ControlStandard
Vertical SyncForce on
設定2「アンチエイリアス互換性変更」
Setting IDSetting Value
Compatibility
Ambient Occlusion compatibility0x00000000 (Dragon Age 2)
Antialiasing compatibility (DX1x)0x00000000
Antialiasing compatibility0x004018C0
SLI compatibility bits (DX1x)0x00000000
SLI compatibility bits0x02400005 (FIFA 13…
Antialiasing
Antialiasing – Behavior FlagsNone
Antialiasing – Gamma correctionOn
Antialiasing – Line gammmaEnabled
Antialiasing – ModeOverride any application setting
Antialiasing – Setting32x [32x CSAA (8 color + 24 cv samples)]
Antialiasing – Transparency MultisamplingEnabled
Antialiasing – Supersampling8x Supersampling
NVIDIA Predefined FXAA UsageDisallowed
Toggle FXAA Indicator on or offOff
Toggle FXAA on or offOff
Texture Filtering
Anisotropic filtering modeUser-defined / Off
Anisotropic filtering setting16x
Texture filtering – Anisotropic filtering optimizationOn
Texture filtering – Anisotropic sample optimizationOn
Texture filtering – Driver Controlled LOD BiasOn
Texture filtering – LOD Bias0.000
Texture filtering – Negative LOD biasClamp
Texture filtering – QualityHigh quality
Texture filtering – Trilinear optimizationOff
Common
Ambient Occlusion settingHigh quality
Ambient Occlusion usageEnabled
Extension limitOff
Frame Rate LimiterOff
Maximum pre-rendered framesUse the 3D application setting
Multi-display/mixed-GPU accelerationSingle display performance mode
Power management modeAdaptive
Show PhysX Visual IndicatorOff
Threaded optimizationAuto
Triple bufferingOn
Vertical Sync Smooth AFR behaviorOff
Vertical Sync Tear ControlStandard
Vertical SyncForce on
設定3「アンビエントオクルージョン/アンチエイリアス互換性変更」
Setting IDSetting Value
Compatibility
Ambient Occlusion compatibility0x00000026 (Warmonger)
Antialiasing compatibility (DX1x)0x00000000
Antialiasing compatibility0x004018C0
SLI compatibility bits (DX1x)0x00000000
SLI compatibility bits0x02400005 (FIFA 13…
Antialiasing
Antialiasing – Behavior FlagsNone
Antialiasing – Gamma correctionOn
Antialiasing – Line gammmaEnabled
Antialiasing – ModeOverride any application setting
Antialiasing – Setting32x [32x CSAA (8 color + 24 cv samples)]
Antialiasing – Transparency MultisamplingEnabled
Antialiasing – Supersampling8x Supersampling
NVIDIA Predefined FXAA UsageDisallowed
Toggle FXAA Indicator on or offOff
Toggle FXAA on or offOff
Texture Filtering
Anisotropic filtering modeUser-defined / Off
Anisotropic filtering setting16x
Texture filtering – Anisotropic filtering optimizationOn
Texture filtering – Anisotropic sample optimizationOn
Texture filtering – Driver Controlled LOD BiasOn
Texture filtering – LOD Bias0.000
Texture filtering – Negative LOD biasClamp
Texture filtering – QualityHigh quality
Texture filtering – Trilinear optimizationOff
Common
Ambient Occlusion settingHigh quality
Ambient Occlusion usageEnabled
Extension limitOff
Frame Rate LimiterOff
Maximum pre-rendered framesUse the 3D application setting
Multi-display/mixed-GPU accelerationSingle display performance mode
Power management modeAdaptive
Show PhysX Visual IndicatorOff
Threaded optimizationAuto
Triple bufferingOn
Vertical Sync Smooth AFR behaviorOff
Vertical Sync Tear ControlStandard
Vertical SyncForce on

各設定をおこなった設定画面

上記の設定をすると、以下のような画面になります。

設定1「ドライバの設定で可能な最高画質+α」

設定1「ドライバの設定で可能な最高画質+α」

設定2「アンチエイリアシング互換性変更」

設定2「アンチエイリアシング互換性変更」

設定3「アンビエントオクルージョン/アンチエイリアシング互換性変更」

設定3「アンビエントオクルージョン/アンチエイリアシング互換性変更」

実際の映像を比較する

ここからは、第2章「不気味なナベリウス」のデモシーンで比較します。

比較 その1

設定1 その1
設定2 その1
設定3 その1

比較 その2

設定1 その2
設定2 その2
設定2 その2

比較 その3

設定1 その3
設定2 その3
設定3 その3

各設定の解説

設定1

設定1の画像は、見慣れている方も多いと思います。
基本的に全てのオブジェクトがはっきり見えている状態です。
GPUの負荷も軽いので、快適にプレイできます。
GeForce GTX 680 でのストーリー中平均フレームレート:62fps(60fps制限)

設定2

設定2は、設定1をベースにアンチエイリアス処理を変更したものです。
設定1と比べて、シャギー(ピクセルのギザギザ)がかなり減っています。
服の端やメガネでその効果がよく分かります。
GPUの負荷が増えますので、PSEバースト時などはフレームレートが低下します。
GeForce GTX 680 でのストーリー中平均フレームレート:57fps

設定3

設定3は、設定2にアンビエントオクルージョン(影の計算/追加処理)を設定してます。
設定1や設定2と比べるまでもなく、イメージが一気に変わります。
環境光が届かない部分に影を作り込むので、その分処理も増加します。
ロビーでもフレームレートの低下が分かるほどです。
戦闘ができないほどではありませんが、ストレスが溜まるかもしれません。
GeForce GTX 680 でのストーリー中平均フレームレート:43fps

設定ファイルのダウンロード

今回の比較に使用した設定は、以下のボタンからダウンロードできます。

このファイルは、NVIDIA Inspector でインポートすると、
プロファイル「Phantasy Star Online 2」の設定を変更します。
元に戻すときは「pso2_default.nip」をインポートしてください。

2015/08/29 更新
  ファイルは、ESET Smart Security バージョン 8.0.304.7
  (ウィルス定義データベース12170[20150829])にて検査済みです。

おわりに

比較用につなぎ合わせた画像をどうぞ。
全設定比較 その1
全設定比較 その2
全設定比較 その3

プレイ中の画面 (2013/06/17 追加)

リクエストにお応えして、プレイ時の画像を追加しました。
まずは、チームルームで柄にもなくライトを振る。

チームルームにて

そして、キャンプシップ(森林探索)で澄まし顔。
キャンプシップ(森林探索)にて

場所にかなり左右されますが、
アンビエントオクルージョンを使用すると影が結構濃くなるフィールドが多いです。
ほぼ変化がない場所もあり、光源の設定が極端になっている可能性もあります。
設定によっては、撮影をすると影が消えるものもあり、
その場合はただ動作が重いだけという悲惨な結果になります。

コメント

  1. リズ より:

    やはり設定3だと劇的に変わりますね。
    これでゲームもストレスフリーに遊ぶには、やっぱTitan3Way運用とかなんですかね。
    個人的には脇に落ちる影の濃さがちょっと濃すぎる気がするのですが(腋フェチではない、たぶん)、
    これは値次第で調節出来るらしいと聞きました。

    アップにすると上記のような感想ですが、逆に引いた画だとメリハリがついて最高です。
    これはイベントシーンとのことですが、プレイ中の画面(&NumLock/+でのキャラアップ)でも
    変化はあったりするのでしょうか?

    別に設定3でマイキャラのポートレートを撮ってほしいとかじゃないですけど、
    次の撮影会はいつですか?w

    • セラ より:

      コメントありがとうございますー。

      高負荷を掛けつつ快適にプレイするには、
      GeForce GTX 780 あたりでもいけそうです。
      今回は、全体的な設定を全て画質優先にしてますので、
      それらを少し軽くするだけでも、
      見た目がほぼ変わらず負荷が減ると思います。

      プレイ中の画像を追加しましたのでご覧ください。
      影が必要以上に濃くなると、微妙な感じになります…。

      普段は設定3にしてないので、
      ウィスパー等でご連絡をもらえれば、
      設定変更後に撮影会を開催しますー。
      お気軽にどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました