Core i9-9900K+GeForce RTX 2080TiでPSO2ベンチマーク

PSO2
PHANTASY STAR ONLINE 2 キャラクタークリエイト体験版 EPISODE4

新マシンで恒例の「PHANTASY STAR ONLINE 2 キャラクタークリエイト体験版」の
各バージョンで「動作検証」を、要はベンチマークを実行してみました。

はじめに

新マシンの構成については、以下の投稿をご覧ください。

新マシン構築しました(2019年版)
PSO2を始めて2回目となる新PC構築を実施しました。
NVIDIAドライバの設定はこちら
機能 設定
ドライバ バージョン 425.31(DCH)
CUDA – GPU すべて
DSR – 係数 Off
DSR – 滑らかさ オフ
OpenGL レンダリング GPU 自動選択
アンチエイリアシング – FXAA オフ
アンチエイリアシング – ガンマ修正 オフ
アンチエイリアシング – トランスペアレンシー オフ
アンチエイリアシング – モード オフ
アンチエイリアシング – 設定 なし
アンビエント オクルージョン オフ
シェーダー キャッシュ オン
スレッドした最適化 自動
テクスチャ フィルタリング –
クオリティ
ハイ パフォーマンス
テクスチャ フィルタリング –
トリリニア最適化
オン
テクスチャ フィルタリング –
ネガティブ LOD バイアス
許可
テクスチャ フィルタリング –
異方性サンプル最適化
オン
トリプル バッファリング オフ
バーチャル リアリティ
レンダリング前フレーム数
4
マルチフレーム サンプリング AA (MFAA) オフ
レンダリング前最大フレーム数 4
垂直同期 オフ
異方性フィルタリング オフ
電源管理モード パフォーマンス最大化を優先

PHANTASY STAR ONLINE 2 キャラクタークリエイト体験版の設定は、
簡易描画設定5もしくは6のデフォルト設定で実行しています。

フルHD キャプチャ

PHANTASY STAR ONLINE 2 キャラクタークリエイト体験版

[PSO2] ベンチマーク ver.1 設定5 フルHD [Core i9-9900K + GeForce RTX 2080Ti]

PHANTASY STAR ONLINE 2 キャラクタークリエイト体験版 ver. 2.0

[PSO2] ベンチマーク ver.2.0 設定5 フルHD [Core i9-9900K + GeForce RTX 2080Ti]

PHANTASY STAR ONLINE 2 キャラクタークリエイト体験版 EPISODE4

[PSO2] ベンチマーク EPISODE4 設定6 フルHD [Core i9-9900K + GeForce RTX 2080Ti]

4K UHDTV キャプチャ

PHANTASY STAR ONLINE 2 キャラクタークリエイト体験版

[PSO2] ベンチマーク ver.1 設定5 4K UHDTV [Core i9-9900K + GeForce RTX 2080Ti]

PHANTASY STAR ONLINE 2 キャラクタークリエイト体験版 ver. 2.0

[PSO2] ベンチマーク ver.2.0 設定5 4K UHDTV [Core i9-9900K + GeForce RTX 2080Ti]

PHANTASY STAR ONLINE 2 キャラクタークリエイト体験版 EPISODE4

[PSO2] ベンチマーク EPISODE4 設定6 4K UHDTV [Core i9-9900K + GeForce RTX 2080Ti]

おわりに

キャラクターのクリエイトデータは、ver. 2.0 以前と EPISODE4 以降(製品版含む)では、
互換性がなく読み込みがエラーとなり失敗します。
これは EPISODE4 で設定できるパラメータが増えたことによる影響です。
よって、製品版のキャラクターでベンチマークを実行できるのは EPISODE4 のみとなります。

タイトルとURLをコピーしました