AndroidでPSO2esやデレステ等のアプリ通知をポップアップ通知(Heads Up)を有効にする[root不要]

シェアする

今回は、追加アプリやrootを使わずに特定のアプリの通知をポップアップに変更する方法です。

コンテンツ一覧

はじめに

Android 5.0 Lollipop から、OSの機能として通知のポップアップ機能が追加されました。
これはアプリが通知に設定した重要度が高いと、いままでは画面を占有していた通知が、
画面上部に表示され、一定時間で消えるモノです。
通常は、アプリに設定がなければ通知の重要度は変更できませんが、
Android 6.0 Marshmallow で追加されたツールを使用して変更できるようになりました。
ここでは、そのツールを使用可能な状態にして通知の重要度を変更する手順を解説します。

解説に使用している環境

端末モデルGoogle Nexus 6P
Android バージョン7.1.2
ビルド番号N2G48C
カーネルElementalX 4.14
カーネルバージョン3.10.73-ElementalX-N6P-4.14
ルート取得Magisk v14.3
PSO2es バージョン3.3.0

ルートを取得していたり、カーネルを変更していますが、今回の解説には影響しません。

ツールを有効化する前の状態

「設定」を開き、「通知」を選択します

「PSO2es」を選択します

標準ではポップアップの設定項目はありません

システムUI調整ツールを有効化する

通知領域またはクイック設定を表示させ、右上の歯車を3秒以上タップし続けます

トースト通知に「システムUI調整ツールを設定に追加しました」と表示されれば有効化成功です

システムUI調整ツールで通知設定を変更できるようにする

「設定」を開き、「システムUI調整ツール」を選択します

注意事項が表示されるので、「OK」を選択します

「その他」を選択します

「電源通知管理」を選択します

トグルを操作してONにします

アプリの通知設定を変更する

「設定」に戻り、「通知」を選択します

「PSO2es」を選択します

設定が「重要度」に変化しているので、「A」をタップする

手動で変更できるようになります

スライダーを右から2番目か一番右に変更し、通知レベルを設定します

通知一覧に戻ると、設定したレベルが表示されます

デレステも同じように変更可能です

動作の確認

通知レベル4以上でポップアップが表示されます

通知から直接変更する

設定を変更したいアプリの通知を少し左へスライドします

通知をスライドした右側に現れる歯車をタップする

「A」をタップします

スライダーを変更し、「完了」をタップします

通知の表示が元に戻れば設定は完了です

おわりに

通知のポップアップはスマホやタブレットを操作中には目立ちますが、
ポケットに入れていたり、テーブルに置いている状態などでは効果はありません。
今後は追加アプリによるLED通知やバイブレーションの変更を解説していく予定です。